パピーパーティーの開催について

今回、こてつ動物病院の新しい試みとしてパピーパーティーを開催します。

今までおこなっていなかったのになぜ?

今までは新しい子犬が来院した時に、しつけや甘噛みなどの問題について診察中に対応策などアドバイスをしていましたが、『犬の咬みグセ解決塾』を読んでもっと社会化期や成熟期に、病院としてできることがあり、楽しいわんこライフのためにパピーパーティーが必要だと思ったからです。

社会化期とは、生後1ヶ月から3ヶ月齢の時期を言います。
この時期は、人や他の動物や車などいろんな事に警戒心を抱かずに対応できる時期で、この時期を過ぎると社会化が難しくなってきます。
この社会化期にワクチンを打っていないことから外へでていないと、社会化がうまくいかなくなります。すなわち、周りの環境に順応できないストレスに弱い子になってしまいます。

4ヶ月齢から6ヶ月齢までを若年期といって、好奇心が旺盛になります。この時期に甘噛みや飛びつきなどの問題行動に対する適切な対応をとれていないと、生涯にわたって恐怖心をもったり自己主張で悩まなくてはならなくなります。

パピーパーティーでは、飼い主さん以外の人や犬とふれあい楽しく遊んだり、問題行動への適切な対応をお伝えしていければと思っています。

開催日 11月18日 日曜日
時間  15時 から1時間程度
場所 こてつ動物病院
費用 1,000円 

病院付近の公園にマダニ出現(大阪市)

9月15日 目の上に急にできものができた!

で来院してきたわんちゃんに

マダニ

が噛み付いていました。

顔だけでなくお腹にも複数のダニがうろついており最近とりつかれた感じでした。

『お父さん、どこに遊びに行ってマダニをつけてきたんですか?』

『どこにも遊びに連れて行ってない!!

近所の公園だけです!!!!!』

『え〜この辺の公園ですか?!』

『そうです。』

僕の認識は甘かった。

もっと山間部の方の事かと考えていました。

それから翌日、話のあった公園にいきましたが、マダニの姿はみられませんでしたが、確かに草が伸びている場所や外猫ちゃんがターゲットになっていてもおかしくない状況でした。

まずは、どんなものがマダニなのか?

どんな形をして、何に気をつけるべきか?
発見したマダニの動画↓

気をつける事は、
①草むらに入らない。→マダニは草の先端で動物が来るのを待っています。
②食いついているマダニをみつけてもすぐに引き離そうとしてはいけません。→マダニの一部分がのこり皮膚炎をおこしたり、マダニが媒介するウイルスなどが引き離す力により逆に注入されてしまうので、噛み付いている皮膚ごと取り除く必要があるので、動物病院へ行ってください。
③予防も大切です。このわんちゃんは9月上旬に市販のノミダニ予防はつけていたそうです。→病院には一度の内服で3ヶ月効果が持続する薬があります。
④人にもマダニは病気を媒介します。→わんちゃんにはバベシア症、ライム病など、ねこちゃんにもヘモバルトネラ症などが挙げられます。人へはライム病、野兎病、日本紅斑熱といった様々な病気を人に媒介することで知られています。
近年日本国内でも死亡例が報道され話題になっているSFTSウイルス(重症熱性血小板減少症候群)もマダニ媒介性のウイルスによる感染症です。

ゴールデンウィークの診察時間

5月2日と3日は休診となります。

4日から6日までは午前診察のみ(土曜5日もこの日は午前診察のみです)

7日から通常どおり診察いたします。

連休前に誤食により腸閉塞を起こした子が、開腹せずに内視鏡だけで元気になったと報告の電話があり安心して休みにはいれます。

そして、入院していたジヨンちゃんも飛び跳ねてお母さんたちに抱っこされて帰っていきました。😂

視てすぐにこりゃやばいと思うような状態でしたが、内視鏡後も入院で経過をみていて順調だったので安心はしていたのですが、とても元気と連絡をいただけたのですごく安心しました。

スタッフの提案2

投稿するサイトへの入り口がわからずかなり日が空いてしまいました。

前回ファイスブックでの投稿(https://www.facebook.com/kotetsuAH/posts/1582163568548193)で、スタッフからの提案では、待合室の状況で外で待つ人がいることを知り椅子を外にも置くことをしました。

待合室が空いている状況で、患者さんが外へあぶれてしまう原因として仕切りのない空間が原因ではないかとスタッフミーティングで提案がありました。

そこで、新しい仕切りを置くことしました。

仕切りがあることで、待合室の奥へ座っていただけるようになり、患者さんが等間隔で座っていただけるようになったと思います。

 

こてつ動物病院では、LINEを開始しました。

LINEでは、誕生日健診クーポンや副院長の出勤スケジュールなどでていますのでLINEの登録もお願いします。

 

 

最近の体調について

年末から喘息がひどく、診察中にも咳が続きご心配おかけしております。

そのために、運動もできずにいますが、

気力は充実してきていますので、

もうしばらくしたら元気な姿をお見せすることができると思います。

現在は、腕立て伏せと逆立ちで咳が出ても体力維持できるように頑張ってます。

 

今日とても嬉しかったこと

外耳炎で通院していたビーグルのこてつちゃん。

耳が痛くて、保定すると暴れて噛み付いて、飼い主さんも恐ろしくなってさわれない状態だったのですが、本日全く怒らなくなりました。

飼い主さんと『今日、すごく偉いね。怒らずじっとしてくれつるね』と会話はずむはずむで、嬉しくなりました。

こてつちゃんもいい顔してくれたのでパチリと一枚。

 

こてつ動物病院のLINE@公式アカウントを開設いたしました。

こてつ動物病院では、今までFacebookで情報の発信をおこなってきましたが、より多くの人にもお伝えできるように、LINEでも病院の情報や臨時休診などをお伝えしていきます。

LINEをお使いの方は、この機会にぜひ「友だち登録」いただけますと幸いです。

 

友だち追加用QRコードです。

 

スマホの方は、以下のボタンから友だち登録ができます。

友だち追加

 

アカウント名
@swa6776x

久しぶりのブログ更新

先日来院のサウザーちゃん。

7月に右前肢に骨肉腫がみつかり断脚手術を実施。

超大型犬で、

10歳を超えていて、

肥満で70kgあり、

既に肺へ転移しているかもなど

手術を実施するのも悩むところでしたが、

痛みから解放してあげるためにも手術が必要であることと、

ご家族の早い決断とサウザーちゃんの生きようとする力で、

断脚手術単独での平均余命を超えてくれました。

それも、日頃の生活には何ら支障がない状態で頑張っています。

この頑張りを見ていると私自身が励まされる感じになりました。

今月はじめに辛いできごとがあり、日頃あまりイライラな気持ちになることがなかったのですが、

とてもナーバスになり、スタッフには嫌な思いをさせてしまったと反省をし

再度、みんなの信頼を得られるように、頑張る気持ちになってブログの更新ができました。

 

思うことから行動へ

 

感謝の気持ちは、素直に表し、

みんなのいいところを見落とさないような広い視野をもつように、

仕事を楽しみながら頑張りたい。

サウザーちゃんありがとう😊

骨肉腫